1. HOME
  2. 不動産Q&A
  3. 建物・建物構造について

建物・建物構造について

最近良く2階にリビングという家を見ますが、メリットやデメリットはどんなところですが?

2階リビングのメリットとして
メリット 日当たりが良い
メリット◆Э佑了訐を気にする必要が少ない
メリット:1階に耐力壁を多くとることができ耐震性が強い
などがあげられます。

2階リビングのデメリットはというと
デメリット С段の上り下りが大変
デメリット◆Дッチンなどの排水音・生活音が気になる
デメリット:老後や病気・怪我など状況が変化した時に大変
といったものがあげられます。

無垢材や自然素材って美しい分、お手入れが大変なんじゃないですか?

自然素材は無垢の木や天然の漆喰等を使用しますので、まず空気が自然で違います。
その反面、合板フローリングやクロスを使用しませんので、汚れたら昔みたいに、雑巾がけできれいに掃除します。
木は生きていますので、冬になれば乾燥して水分をはき、梅雨どきは水分を吸って室内の湿度調整をしてくれます。床板は床暖房にはない天然の暖かさを提供してくれます。天然の木の家は大事に愛情をもって使えば自然の恵みを返してくれます。そういったものが自然素材の家のありがたみです。

マンションのリフォームで水廻りは動かせるのですか?

通常、水廻りを移動するということは給排水の配管も同時に移動させることになります。
一戸建てと違ってマンションによっては十分な空間がなかったり配管移動後の騒音問題などが生じるおそれがあるので、十分に調査をした上でされた方が良いです。

『システムキッチン』と普通のキッチンとの境目は何ですか?

システムキッチンの定義は、シンクやコンロ、調理台、換気扇などのパーツを 一枚板の天板で一体成型したものです。
システムキッチンというだけで漠然と良いイメージが先行しますが、 キッチンとシステムキッチンの違いは 大雑把に言うと「つながっている」「一体化」という点であり、『システムキッチン』と名乗るために 例えば「コンロは3口以上」とか「ビルトイン食洗機必須」とか、 機能面でクリアすべき条件はありません。
普通のキッチンはコンロは別などそれぞれが独立し一体感に欠けるといった感じになります。

鉄骨造の家のメリットやデメリットは何ですか?

鉄骨住宅のメリットとして、
・耐震性
・広い空間がとれる
・高い遮音性
・重みに強い
・以前と比べ、保険料が安い
などが、鉄骨住宅のメリットとしてあげられます。

デメリットとしては
・基本的に力を揺れて逃がす構造なので建物自体が揺れやすい。
・揺れに対して建物自身が逃げ(隙間)を造っているので音が響きやすく、すきま風などの現象もよく見られる。
などがあげられます。

木の家は火災の際、燃えやすそうですが実際はどうなんですか?

木は確かに燃える素材なので、そういったご心配はあると思います。しかしそれは薄い木片の場合です。
木造の家は火に弱いわけでなく、ある程度の厚さや太さの木は表面が焦げるだけで、内部までは燃えにくい素材です。
温度が上がっても強度がすぐに落ちないのも木造住宅の特徴です。

同項目Q&A

ご来店特典 1「間違いのない家探しの進め方」3つの重要ポイントをお伝えいたします。 2「資金計画ではずしてはいけない」2つの重要ポイントをお伝えいたします。 3「あなたの借入限界額とは?」、「あなたにとっての適切なローンとは?」を分かりやすく2つの表にまとめお伝えいたします。 スタッフ一同でお待ちしております!
株式会社エリッツ不動産販売 〜住まいと暮らしの相談所〜 皆様のご来店をお待ちしております!
お電話でお問い合わせをする コンシェルジュは詳細な最新情報を持つプロばかりです。その知識をフル活用して、希望に沿う物件をご紹介します。強引なおすすめはいたしません。安心してお問い合わせください。 フリーコール0120-95-2411 営業時間AM10:00〜PM7:00
エリッツカウンターで相談をする 実際に物件を探していると、条件も変わってくるもの。
そんな時はエリッツカウンターにご相談下さい。地域の最新不動産情報を持つコンシェルジュが、あなたの住まい探しをサポートします。 地図・アクセスはこちら
エリッツホールディングスグループ店舗情報 現在32ヶ所展開中!