1. HOME
  2. 不動産Q&A
  3. 建物・建物構造について

建物・建物構造について

湿気のたまりやすい家が増えていると聞きますが、本当でしょうか?

かつて日本の民家は、100年もつと言われていましたが、現在の家の寿命は20年が平均と言われています。
なぜかというと、昔ながらの日本の家は隙間が多く、高温多湿の日本の気候風土に合っていました。当然冬は寒いのですが、結果的に湿気を追い出しているので、長持ちする家となっていました。
欧米文化が発達して、欧米からのモノをそのまま受け入れてきました。
冷暖房などのコストを抑えるため、家を密閉することが普通になり、その結果、居住空間は快適になってきましたが、床下や押し入れ、大きな家具と壁の隙間などは空気がよどみ、温度差によって湿気がたまります。
現代問題になっているシックハウス症候群などの問題にも 少なからず関連してくる事だと思います。
でも現代では昔ながらの民家が少なくなっているのが現状です。 現代の家で対策をするとすれば、家の内部の空気をきれいに保ち、 室温を保つことも大事です。

欠陥と瑕疵とはどのような違いがあるのですか?

瑕疵という言葉は、契約で交わされた品質や性能を備えていないことです。
言葉だけで比べれば両方とも同じ意味に捕らえられますがあえて言葉を使い分ける意味合いは、故意または重大な過失に基づく欠陥か、それ以外の軽過失または責任に全く関係の無い欠陥を瑕疵と解釈するかとで、法律上、被害者の救済の範囲が違ってきています。

家の近くの山でとれた木で家を建てるのは可能ですか?

可能です。

地域材は、その地域の大工・工務店で使われていることが大半と考えられています。
お近くの大工さんや工務店があれば、そこへ相談してみるのもひとつの手段だと思います。
また最近では、産直住宅も多く見られるようになって来ました。
これら産直住宅は、地域材を用いた住宅建築を行っています。

住宅を解体した場合、その廃材は利用されているのですか?

住宅を解体した時、発生する木くずは廃棄物処理法という法律によって 産業廃棄物としての扱いとなります。
このため、住宅の持ち主が住宅を解体しようとする場合は、解体費用に廃棄物の処理費用を上乗せした額で解体業者にお願いしなければなりません。
解体業者は、解体材を廃棄物処理業者に処理費用を支払い引き取ってもらうことになります。廃棄物処理業者は、廃棄物処理法に基づき、最終処理を行うことになるのです。

屋上付きの家に憧れていますが、どんな家でも屋上は可能ですか?

不可能ではございません。
鉄骨造や鉄筋コンクリート造なら、構造体が頑強で補強などを必要としないため比較的容易につくることが出来ます。
木造の場合は、雨じまいを良くするなど防水のために切妻や寄棟などの傾斜した屋根形状を用いることが一般的になっています。
構造の補強や防水をした上で、陸屋根にするなど、屋上をつくるには適さない場合が多いのが現状です。

一戸建て住宅のメンテナンス(外壁)の目安はいつぐらいですか?

一般的に言われているのが建築年数で10〜15年くらいです。
しかし、外壁の材質・立地条件によってその年数はことなってきます。
一戸建てのメンテナンスは自己管理にあります。
寿命を延ばすのも縮めるのも自身のメンテナンスによって変わってきます。

同項目Q&A

ご来店特典 1「間違いのない家探しの進め方」3つの重要ポイントをお伝えいたします。 2「資金計画ではずしてはいけない」2つの重要ポイントをお伝えいたします。 3「あなたの借入限界額とは?」、「あなたにとっての適切なローンとは?」を分かりやすく2つの表にまとめお伝えいたします。 スタッフ一同でお待ちしております!
株式会社エリッツ不動産販売 〜住まいと暮らしの相談所〜 皆様のご来店をお待ちしております!
お電話でお問い合わせをする コンシェルジュは詳細な最新情報を持つプロばかりです。その知識をフル活用して、希望に沿う物件をご紹介します。強引なおすすめはいたしません。安心してお問い合わせください。 フリーコール0120-95-2411 営業時間AM10:00〜PM7:00
エリッツカウンターで相談をする 実際に物件を探していると、条件も変わってくるもの。
そんな時はエリッツカウンターにご相談下さい。地域の最新不動産情報を持つコンシェルジュが、あなたの住まい探しをサポートします。 地図・アクセスはこちら
エリッツホールディングスグループ店舗情報 現在32ヶ所展開中!