1. HOME
  2. 不動産Q&A
  3. 収益物件・不動産投資

収益物件・不動産投資

不動産投資でよくインカムゲインとありますが、どういう意味ですか?

インカムゲインとは、投資対象が生み出す収益のことで、投資対象を手放すことなく継続的、定期的に見込める利益のことをいいます。
不動産投資においてインカムゲインとはおもに「賃料収入」のことをさします。

『表面利回り』と『実質利回り』とよく聞きますが違いはどんなところですか?

表面利回りとは、年間賃料収入を購入価格で割った利回りのことをいいます。
実質利回りとは、実質賃料収入を購入費総額で割った利回りのことをいいます。
年間収入から管理費、修繕費の諸費用を引いたのが実質賃料収入で 購入価格に、購入時にかかった諸費用を合算したのが取得費総額となります。

私たち夫婦は共働きなのですが、マンション経営をする場合どちらの名義でいくのが有利ですか?

現在の状況など様々な条件によって異なってきます。
ですのでどういったものかをご説明します。
不動産投資の節税効果は、今の会社の所得と不動産で得た所得を損益通算して、確定申告で所得税の還付を受ける事が出来るものです。

不動産投資が注目されているのはなぜですか?

資産投資をして利益を生もうとしたときにこの低金利時代銀行に預けても金利はわずかです。
しかし不動産においては 以前のバブル期に比べ不動産価格は半減しているものの、賃料というのはあまり変わっていません。
さらに低金利時代だからこそ借り入れ時に金利が安いというメリットもあり、注目を集めていると思います。

投資用不動産と考えた場合、広い目の部屋かワンルームかどちらが有利でしょうか?

不動産投資として収益・利益を生もうとした場合、ワンルームの2倍の2DKぐらいにしたところで家賃が2倍とれるわけではなく、資産運用の利回りとしては低効率です。
例えば設備関係(お風呂・キッチン・洗面)を高級なものにし、高めの家賃設定でしたとしても、 賃借人が変わる際の、修理費用などにも結構な出費になってしまいます。
ワンルームが資産運用でポピュラーになっている理由は学生・OL・単身者など、ニーズ性が強く、空き室リスクも少ないためです。
逆に2DKなどの場合、家賃と同額やあるいはそれ以下で住宅ローンの返済が出来てしまう場合があるので、賃貸需要としては限られてきそうです。

ちゃんと入居希望者があるか心配です。

ワンルームマンションの場合の入居者は学生というイメージが強いと思いますが 最近ではあながちそうでもない傾向にあります。
当然場所にもよりますが、男性・女性単身者の場合や単身赴任や出張などで使うために企業が借りるという場合もあります。
引越しの手間などから単身者の場合は長期間継続しての貸借が多いです。単身者人口も年々増加しているのでこういった多彩なニーズから今後も高い賃貸入居率が期待できます。

同項目Q&A

ご来店特典 1「間違いのない家探しの進め方」3つの重要ポイントをお伝えいたします。 2「資金計画ではずしてはいけない」2つの重要ポイントをお伝えいたします。 3「あなたの借入限界額とは?」、「あなたにとっての適切なローンとは?」を分かりやすく2つの表にまとめお伝えいたします。 スタッフ一同でお待ちしております!
株式会社エリッツ不動産販売 〜住まいと暮らしの相談所〜 皆様のご来店をお待ちしております!
お電話でお問い合わせをする コンシェルジュは詳細な最新情報を持つプロばかりです。その知識をフル活用して、希望に沿う物件をご紹介します。強引なおすすめはいたしません。安心してお問い合わせください。 フリーコール0120-95-2411 営業時間AM10:00〜PM7:00
エリッツカウンターで相談をする 実際に物件を探していると、条件も変わってくるもの。
そんな時はエリッツカウンターにご相談下さい。地域の最新不動産情報を持つコンシェルジュが、あなたの住まい探しをサポートします。 地図・アクセスはこちら
エリッツホールディングスグループ店舗情報 現在32ヶ所展開中!