1. HOME
  2. 不動産Q&A
  3. 収益物件・不動産投資

収益物件・不動産投資

外観や室内の改装・修繕費用などは全てオーナー負担ですか?

所有する不動産に関する修繕費用などは、全てがオーナー負担ではございません。入居者が負担する部分と、オーナー様が負担する部分とがあります。
入居者の入れ替わりの際の室内内装のメンテナンスなどは、入居者の敷金から精算させていただきますので、オーナー様の負担はございません。
入居者が入れ替わる際、当然室内の内装や美装などが必要になってきますが、その費用などは入居者からの敷金からまかないますので直接オーナー様に対する負担はございません。

現在土地を所有してますが、その土地にマンションを建てるか、中古で購入するか悩んでいます。何かアドバイスはありますか?

これは現在お持ちの土地がどんなものかによって変わってきます。
もしその土地がアパートやマンションなどの建築に適しているようなら、建てることをオススメします。
もしそうでなければ中古の購入をオススメします。
収益物件に適すかどうかの判断が難しければ、その土地の近辺の賃貸不動産会社などに問い合わせしていただくと良いです。

借主がしっかり付くにはどういったところに配慮すれば良いですか?

立地が重要であることはいうまでもありませんが、設備関係にも配慮すると良いかと思います。
物件次第ですが、エアコンや浴室暖房、浴室乾燥などは学生層に人気があります。
また女性の方も多いのでTVモニター付オートロックや 防犯カメラなどセキュリティー面にも配慮があると良いでしょう。

不動産投資で新築マンションと中古マンションはどちらの方が利回りは良いですか?

通常利回りだけでみると中古マンションの方が高利回りとされています。
中古マンションの方が表面利回りとしては良いのは、不動産広告などを見ても一目瞭然だと思います。
しかしあくまで表面利回りだけの話であって、実質利回りとしては新築マンションには改装や修繕の必要があまりなく、実質経費などを含めて計算すると中古マンションだけが有利とは思えません。

リスクを背負わずに不動産投資は可能ですか?

不動産投資をする上で全くのリスクを背負わずにというのは 不可能に近いでしょう。
リスクを無くすことは出来ませんので、いかにリスクを最小限に抑える事が 出来るかが重要になってくるでしょう。

現在住宅ローンを支払っている状態ですが、マンション投資用の融資は大丈夫ですか?

問題ないです。
住宅ローンは自身が住むためのローンであり、収益として利益を生む為のローンとは別物です。
自宅のローンは負債でしかないですが、収益マンションは利益です。
そのマンションをうまく運用して利益を生めば、住宅ローンの支払いも楽になります。

同項目Q&A

ご来店特典 1「間違いのない家探しの進め方」3つの重要ポイントをお伝えいたします。 2「資金計画ではずしてはいけない」2つの重要ポイントをお伝えいたします。 3「あなたの借入限界額とは?」、「あなたにとっての適切なローンとは?」を分かりやすく2つの表にまとめお伝えいたします。 スタッフ一同でお待ちしております!
株式会社エリッツ不動産販売 〜住まいと暮らしの相談所〜 皆様のご来店をお待ちしております!
お電話でお問い合わせをする コンシェルジュは詳細な最新情報を持つプロばかりです。その知識をフル活用して、希望に沿う物件をご紹介します。強引なおすすめはいたしません。安心してお問い合わせください。 フリーコール0120-95-2411 営業時間AM10:00〜PM7:00
エリッツカウンターで相談をする 実際に物件を探していると、条件も変わってくるもの。
そんな時はエリッツカウンターにご相談下さい。地域の最新不動産情報を持つコンシェルジュが、あなたの住まい探しをサポートします。 地図・アクセスはこちら
エリッツホールディングスグループ店舗情報 現在32ヶ所展開中!