1. HOME
  2. 不動産Q&A
  3. 銀行ローンについて

銀行ローンについて

住宅ローンの申し込みをして結果が出るまでに何日ぐらいかかりますか?

銀行によって異なりますが、事前審査の場合、早いところで2〜3日ぐらいで出ます。
お客様にもよりますが本審査では大体一週間ぐらいが一般的かと思います。
ただし、事前審査に日数がかかり、その分本審査の結果が早いなどの変則の場合もございます。

金銭消費貸借契約は時期的にいつごろ行うのですか?

住宅ローンの金銭消費貸借契約は融資実行前の1週間から2週間前に契約を行うのが一般的な金銭消費貸借契約です。

頭金(自己資金)がまったくないので、諸費用などもすべてローンを組みたいのですが、まず難しいでしょうか?

頭金なしで物件価格100%ローンを組む方は、今ではかなり多くなっています。かつては物件価格の100%の融資がされていなかったものですが、今では住宅金融支援機構のフラット35でも物件価格100%を融資しております。(フラット35Sエコ適合物件)ご年収から割り出される返済比率によって融資可能限度額が制限される事もございますが、賃貸住宅の家賃を支払いながら自己資金を貯めていくより住宅ローンを組んで支払っていくほうが現実的とも言えます。無理な返済計画にならない範囲での頭金ゼロ物件価格100%ローンであれば、賃貸住宅に住み続けるよりお得という考え方もできるのではないでしょうか。

契約社員は住宅ローンが組みにくいのですか?

金融機関によって当然差はありますが、契約社員や派遣社員という理由で、住宅ローンが組めないことはありません。
契約社員や派遣社員でも収入が安定していれば正社員と変わりなく住宅ローンを組むことが可能です。

つなぎ融資とは何ですか?

つなぎ融資とは、住宅ローンが実行されるまでの間、別のローンを一時的に借り入れる融資のことを言います。
住宅ローンは、住宅に対して抵権を設定するので、工事請負契約の場合は、住宅が完成するまで、融資が実行されません。
しかし、建築会社に対しては 工事の進行状況に応じて、契約金額の支払いをしなくてはならず、その間、住宅ローンとは別のローンを一時的に組んで 支払いに充てるのが一般的です。
そのローンのことを、つなぎ融資と呼んでいます。

計画的に物件購入を考えています。貯蓄方法について有利なものがあれば教えてください。

住宅を購入する際の自己資金の内訳は、「諸経費」と「頭金」です。
この「自己資金」の貯め方にはどんな方法があるでしょうか。
住宅購入資金のように、用途や時期が明確に決まっている資金は、自動積立定期(銀行等)や自動積立定額貯金(ゆうちょ銀行)など、元本割れのない安全な金融商品を選択し、少しずつでもコツコツと積み立てていくことが大切です。
勤務先に給与天引きで貯蓄ができる財形貯蓄の仕組みがある場合には、「住宅財形貯蓄」を活用する方法もあります。
住宅財形貯蓄は、貯めたお金を住宅取得のために使う場合、一定の金額までは利息に税金がかからない優遇があります。
積み立て方法は、「給与天引き」が効果的です。
収入から生活費などを使ったあとに残ったお金を貯蓄するよりも、まず、収入から貯蓄するお金を差し引いて、残ったお金の範囲で生活費をまかなうほうが計画的に早く貯蓄することができます。
自己資金を上手に蓄えるには、住宅の購入時期と貯蓄目標額、毎月の積立額を決め、なるべく早く始めることが重要です。

同項目Q&A

ご来店特典 1「間違いのない家探しの進め方」3つの重要ポイントをお伝えいたします。 2「資金計画ではずしてはいけない」2つの重要ポイントをお伝えいたします。 3「あなたの借入限界額とは?」、「あなたにとっての適切なローンとは?」を分かりやすく2つの表にまとめお伝えいたします。 スタッフ一同でお待ちしております!
株式会社エリッツ不動産販売 〜住まいと暮らしの相談所〜 皆様のご来店をお待ちしております!
お電話でお問い合わせをする コンシェルジュは詳細な最新情報を持つプロばかりです。その知識をフル活用して、希望に沿う物件をご紹介します。強引なおすすめはいたしません。安心してお問い合わせください。 フリーコール0120-95-2411 営業時間AM10:00〜PM7:00
エリッツカウンターで相談をする 実際に物件を探していると、条件も変わってくるもの。
そんな時はエリッツカウンターにご相談下さい。地域の最新不動産情報を持つコンシェルジュが、あなたの住まい探しをサポートします。 地図・アクセスはこちら
エリッツホールディングスグループ店舗情報 現在32ヶ所展開中!